e do design > Works > architecture > ” Weave ” 町屋のマンションフルリノベーション

contact

” Weave ” 町屋のマンションフルリノベーション

” Weave ”  紡ぐ

 

北千住のお隣、町屋駅から近くの
マンションのフルリノベーション。

 

既存の間仕切りや天井などをすべて撤去する
スケルトンリノベーション。
限られたスペースの中で
どんな生活をしたいか?
たくさんのイメージを紡ぎながらプランをつくっていきました。

 

面積は67㎡足らず。
男の子3人と夫婦の5人が暮らす住まいです。

 

共働きなので、家事の効率は最優先。
アイランドキッチンの並びにダイニングがあり、つくり立てがどんどん食卓に。
回遊性のあるアイランドキッチンで、人の渋滞が起きないように。
こどもたちがお皿やお箸を食卓に並べたり、
ご飯をよそったり、お手伝いがしやすいように。
週末に作り置き料理をたくさん作れるように、
広いカウンター面を確保。
買い置きの食品のストックをたくさん収納できる場所。
5人分の食器が一気に洗える、大型のビルトイン食洗機。

 

水回りスペースにも工夫がたくさん。
洗面は混雑するので、あえて廊下に面した場所に。
こどもたちが横に並んで、歯磨きができます。
脱衣場の洗濯機まわりには、充実の収納。
脱衣場にマルチシンクも設置し、上履きなどをつけ置きしてジャブジャブ洗えます。
家族共用のクローゼットスペースを確保し、洗濯の終わったものは
すべてそこに収納すればOK。

 

家事の効率を最優先させながらも、
家族が過ごすLDKスペースをなるべく広く確保し、
寝室などの個室はコンパクトに。

 

こども部屋、主寝室は
完全な個室にせず、あえてオープンにし、
必要な時に、ロールスクリーンでクローズ出来るように。

 

こども部屋は、ロフトベッドスペースを上段、下段をスタディーカウンターにした造作と
既製品の2段ベッドの組み合わせで、
こどもたちのちょっとわくわくする秘密基地のような場所に。

 

とりあえずは、小学1年生の長男くんと年少さんの次男くんが、2段ベッドのあるこども部屋。
もうひとつのロフトベッド付きのこども部屋は、パパのスペースとして。
ママと1歳の3男くんは主寝室で。

 

こどもたちの成長に合わせて
フレキシブルに空間を利用していくことが出来そうです。

 

マンションというワンルームの限られたスペースだからこそのプラン。
5人の家族が、家族の気配を感じながら
思い思いの場所で過ごすことができる、
そんなあたたかい住まいになりました。

 

スペースとスペースが紡ぎ合い、
家族と家族が交わり合いながら、
大きくあたたかい1枚の布が出来上がるような。
その大きくてあたたかい布が
家族を包む「住まい」として機能してくれればと思っています。

 

コンサルティング:株式会社リビタ
リノサポ事例掲載
https://www.rebita.co.jp/gallery/project623

*****
掲載関連

◆住宅&インテリアマガジン「Lives」vol.92(2017年4月号)
https://www.edodesign.jp/1526/

ページトップへ